記録

主に観劇の記録。

乱鶯(劇団☆新感線)

乱鶯(劇団☆新感線)
3/6(日)11:30

※意見には個人差があります

・全くビターではない
そう感じたのは、全ての登場人物が全力で生きてたから。町人っていいなぁ。商売人っていいなぁ。絶対悪を人間らしく描くのって難しいと思ってるんですが、欲を絡ませれば生き生きと描けるんだなと。怒りや悲しみを感じることはあっても、もやもやを感じることはなかった。時代背景もあり、全力で生きた結果なら死も受け入れられると感じた。戦い続けるって格好いい。コメディシーンも嫌みがなくて安心して笑える。今までの新感線に比べると、むしろファミリー向けでは。

・立回りが面白い
やっぱり照明がすごい。とんでもない。あんなオペどうやったらできるんだ。血糊もすごい。でも血が苦手なので冒頭は思わず眉間にしわが寄ってしまった。勝之助の太刀筋がめちゃくちゃな殺陣、めちゃくちゃだからこそ動きが読めない感が出ていて凄かった。


【以下、とてもネタバレ】


十三郎が死ぬことを覚悟してたのに勝之助が死んだのが本当に悲しかった。勝之助の生き方は羨ましい。とても素敵。だからとても悲しかった。でも郎党を皆殺しにしたのは勝之助ってことになってたのは嬉しかったし、小橋様の言葉に救われた。
十三郎がこのまま済むわけないと思ってたら、あのラスト。お客さんに投げる形だったけど、私は「死ぬだろうな」と。生きてほしいと強く祈ってるのに、「死ぬだろうな」という考えがどうも頭を離れない。生きてくれー。


【以下、とても個人的な話】


何度も何度も動画を繰り返し見た『熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン』。一番好きなキャラクターは速水健作だった。あの優しさとまっすぐさ。今回、山本亨さんが良い役どころで出るということで、とても楽しみにしていた。こういうことを言って、役者さんにとって嬉しいのか嬉しくないのかは分からないけど、なぜか小橋様が成長した速水に少し重なって見えた。山本さんが元々持っている優しさなんだろうか。「ご立派になられましたなぁ」と言いたくなるような、そんな感じ。今度はちゃんと救えたんだなぁ。